スポンサーリンク

仮想通貨ウォレットの種類は?おすすめのウォレットまとめ

仮想通貨

仮想通貨ウォレットの種類は?おすすめのウォレットまとめ

仮想通貨のウォレットには手軽に使えるウェブウォレットから、セキュリティ抜群なハードウェアウォレットまで様々な種類があります。

今回はウォレットの特徴を説明します。

仮想通貨のウォレットとは?

簡単に説明すると仮想通貨のウォレットとは「仮想通貨の財布」。

法定通貨を財布、銀行の口座に預けるように仮想通貨を保管しておく場所です。

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨取引所のウォレット

仮想通貨取引所のウォレットです。

ビットフライヤー、Zaifなどの仮想通貨取引所には、全てウォレットが備え付けられています。

いわば銀行の口座です。

大体の取引所は仮想通貨を購入すると自動的にウォレットに保管されます。

仮想通貨の取引所がハッキング被害にあったり、倒産したりすると、自身が保有する仮想通貨が無くなる恐れがあるのが一番のデメリットです。

コインチェックのNEM不正流出事件で、一時コインチェックのウォレットから仮想通貨が引き出せなくなりましたが、

ああいったことが多分に起こることがあるわけですね!

取引所のウォレットに仮想通貨を預けっぱなしにするのは非常にリスクがあります。

オンライン(ウェブ)ウォレット

次にオンライン(ウェブ)ウォレットの紹介。

読んで字の如く、ウェブ上のウェレットサービス、サイトに仮想通貨を預けることを指します。

アカウントを作成すれば誰でも使用できることが可能です。

国内、国外問わず色々な種類のオンラインウォレットがあります。

<オンラインウォレット>

Blockchain.info

Coinbase

Coinaplut

・・・etc

ただこのオンラインウォレットもハッキングの恐れがあります。

いくらセキュリティが強いと言ってもウェブ上につながっているウォレットにはリスクがあります。

パスワード、秘密鍵が盗まれれば一発アウトです。

アカウント名は口座番号、パスワードは暗証番号、秘密鍵は実印です。

厳重に保管しましょう!

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは各種HPからダウンロードして使用するウォレットです。

オンラインウォレットと違って、ローカル環境で仮想通貨を保管できるのでハッキングのリスクも低いです。

取引所ウォレット、ウェブウォレットよりも断然安心です。

NEMのnanoウォレット

が有名ですね。

パソコンにダウンロードしてもパソコンが破損すればアクセスできなくなる恐れもありますのでバックアップキーの保管を忘れずに!

例えば上記のnanoウォレットでしたら上記リンクをクリックすればウォレットがダウンロードできるページに飛びますので、そこから自信のパソコン、またはスマホにダウンロードすればOK。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、USBのような小さなハードウェアに仮想通貨を保管します。

パソコンからUSBにデータを移すように、仮想通貨を保管できるわけですね。

インターネットと繋がっていないのでハッキングのリスクも少ないです。

仮想通貨を長期保有するには一番おすすめの方法です。

ハードウェアウォレットの値段は1万円以上と高価です。

警備代金と思えば安いかもしれませんが・・・

注意点としては中古品は購入してはいけないということ。

悪意のある第三者がスパイウェアなどを仕込む可能性があります。

必ず正規代理店から購入するようにしましょう!

スマホウォレット

最近増えてきたのがスマホウォレットです。

スマホのアプリ内で仮想通貨を保管するというものです。

詳細は下記記事をご覧ください。

手軽に仮想通貨を保管できます。

まとめ

大きく分けて、仮想通貨のウォレットはご紹介した5つです。

・仮想通貨取引所のウォレット

・オンラインウォレット・デスクトップウォレット

・ハードウェアウォレット

・スマホウォレット

一番セキュリティが強いのはハードウェアウォレットと言われています。

どのウォレットも使用する際にはパスワード、秘密鍵、バックアップキーなどの保管は必須です。

取引所で仮想通貨を購入した後は、取引所リスク(ハッキングなど)を防ぐために豆にウォレットへ移すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました