スポンサーリンク

ビットコイン投資信託カナダで初の認可

仮想通貨ニュース

ビットコイン投資信託カナダで初の認可

アメリカ証券取引委員会(SEC)が未だビットコインを始めとする仮想通貨金融商品への対応に不透明さを残す中、カナダのFirst Block Capital社が提供する信託ファンド”FBC Bitcoin Trust”が、初めての、そして、唯一の認可されたビットコインのミューチュアル・ファンド(mutual fund)のステータスを獲得し、退職金貯蓄プラン(Registered Retirement Savings Plan、RRSP)や非課税貯蓄口座(Tax-Free Savings Account、TFSA)で運用可能となったことを発表しました。

First Block Capitalが、その主力商品となるFBC Bitcoin Trustのさらなる発展を公表したことによって、一定以上の実績を持つ個人投資家、証券取引規制局によってアドバイザーやディーラーとして認可されている個人を始めとする一部の投資家は、実際のビットコインの購入や管理を行うことなく、RRSPや、TFSAにおいてビットコインに投資を行うことができるようになります。

引用:coinpost https://coinpost.jp/?p=45628&from=relation_article

これはなかなか凄いニュース。

世界的に仮想通貨の金融商品化がなかなか認められていませんでしたが、カナダの投資信託ファンドが初めて商品化しました。

これだけ相場が激しい仮想通貨市場でうまく運用できるのか疑問ですが、今後、世界でも仮想通貨を使用した投資信託商品が増えていくかもしれません。

国が独自に仮想通貨を発行するように、仮想通貨を使用した投資信託商品も規制が加えられながらも、今後ますます増えていくでしょう。

日本の場合、税金の区分が「雑所得」の扱いの為、仮想通貨を金融商品とするか非常にグレーです。

日本国内で仮想通貨を使用した投資信託の登場は、少し時間がかかるかもしれません。

金の金融商品が登場したときに金が爆上げしたように、ビットコイン、仮想通貨の金融商品が

今後どれだけ登場するかが市場の起爆剤のカギになるかと思われます。

タイトルとURLをコピーしました