スポンサーリンク

ICO、レバレッジに規制 仮想通貨交換業協会が自主規制案まとめる

仮想通貨ニュース

ICO、レバレッジに規制 仮想通貨交換業協会が自主規制案まとめる

仮想通貨取引所の業界団体「日本仮想通貨交換業協会」が自主規制ルール案の方向性を示しました。

匿名通貨は禁止、ICOは事前に審査 —— 仮想通貨取引の自主ルール案まとまる

匿名性の高い仮想通貨は禁止、ICOプロジェクトは実現可能性を審査し、レバレッジは4倍までとする —— 。

仮想通貨取引所の業界団体、日本仮想通貨交換業協会が2018年9月12日、自主ルールの概要を明らかにした。金融庁でこの日開かれた仮想通貨交換業等に関する研究会で、同協会の奥山泰全会長(マネーパートナーズ社長)が説明した。

今回、協会がまとめた自主ルールは、金融商品取引業の事例などを参考にまとめたもので、取り引きに関する詳細なルールが定められている。ルールを明確化することで、いわば「なんでもあり」だった業界に一定の落ち着きをもたらすとみられている。

引用:https://www.businessinsider.jp/post-175099

日本仮想通貨交換業協会についてはこちらの記事をご覧ください。

ログイン ‹ 月1万円を稼ぐ方法を考えるブログ — WordPress

<参考:会員一覧 引用:仮想通貨交換業協会HPより https://jvcea.or.jp/member/>

第一種会員

会社名 住所
株式会社マネーパートナーズ 東京都港区六本木 3-2-1住友不動産六本木グランドタワー 33階
株式会社bitFlyer 東京都港区赤坂 9-7-1ミッドタウン・タワー 8F
QUOINE株式会社 東京都中央区京橋2-2-1京橋エドグラン19階
ビットバンク株式会社 東京都品川区西五反田7-20-9KDX西五反田ビル7F
SBI VC トレード株式会社 東京都港区六本木3-1-1六本木ティーキューブ19階
GMOコイン株式会社 東京都渋谷区道玄坂一丁目2番3号
フォビジャパン株式会社 東京都港区六本木6-2-31六本木ヒルズノースタワー 17F
BTCボックス株式会社 東京都中央区日本橋茅場町二丁目8番1号BRICK GATE 茅場町 5階
株式会社ビットポイントジャパン 東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー36階
株式会社DMM Bitcoin 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
TaoTao株式会社 東京都港区新橋5-1-9銀泉新橋第2ビル 5階
Bitgate株式会社 神奈川県横浜市中区住吉町1丁目12番1号
株式会社BITOCEAN 東京都江東区南砂2-36-11プライムタワー東陽町8F
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号
テックビューロ株式会社 大阪府大阪市西区靭本町 1丁目5-18ミフネ本町ビル10F
株式会社Xtheta 大阪府大阪市中央区南船場3丁目11−18郵政福祉心斎橋ビル204
コインチェック株式会社 東京都渋谷区円山町3-6E・スペースタワー12F
楽天ウォレット株式会社 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
株式会社ディーカレット 東京都千代田区富士見2-10-2飯田橋グラン・ブルーム
LVC株式会社 東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階
株式会社 Last Roots 東京都中央区日本橋人形町1-3-6AIC共同ビル人形町 5F
FXcoin株式会社 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー10F

第二種会員

会社名

住所

コイネージ株式会社

東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー8階

オーケーコイン・ジャパン株式会社

東京都港区虎ノ門一丁目2番10号5階

株式会社マーキュリー

東京都世田谷区用賀四丁目10番5号世田谷ビジネススクエア ヒルズ4 5階

Payward Asia株式会社

東京都千代田区二番町9番3号

株式会社ワイレックス・ジャパン

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階

CoinBest株式会社

東京都中央区日本橋茅場町2-9-8茅場町第2平和ビル4F

Coinbase株式会社

東京都千代田区大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階FINOLAB

株式会社デジタルアセットマーケッツ

東京都千代田区一番町18番 地川喜多メモリアルビル8階

東京ハッシュ株式会社

東京都千代田区丸の内2丁目3番2号

発表された規制案

今回示された規制案は大きく3つ

  • 匿名性の高い仮想通貨の取り扱い禁止
  • レバレッジ取引は4倍
  • ICOは協会が審査

適正に実施されれば、市場は整理されるかと思います。

「匿名性の高い仮想通貨の取り扱い禁止」

に関しては、仮想通貨の収益への税徴収、犯罪利用を取り締まる点で仕方ないと思います。

レバレッジ取引、ICOの規制も、仮想通貨で破産する人、詐欺にあう人を減らすために良い施作です。

レバレッジ取引は5倍~25倍が相場ですが、今後4倍がルール化していくかもしれません。

今は追証なしの取引所も増えていますが、レバレッジが大きければ大きいほど、金額の下落幅が多く、取引所のシステムが万が一ダウンしてしまったときに(ロスカットが作動しない)、恐ろしいことになります・・・

ICOに関しても、現在日本では明確な法整備が行われていませんが、

資金調達だけして運営がとん挫するプロジェクトが多発している為、明確な規制が必要でしょう。

グーグル、FacebookなどのSNSがサービス仮想通貨の広告を配信停止にしたのも、ICOによる詐欺が多発していたことが原因と言われています。

これら3つの規制が進み、税制上の取り扱いがFXなどのように20%徴収という流れになれば、市場はますます活性化、成熟していくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました