スポンサーリンク

【FXGT】海外仮想通貨FXが1万円から?MT5が使えるFXGTがおすすめ

仮想通貨取引所

仮想通貨FXはMT5が使えるFXGTがおすすめです。

今回はFXGTの特徴、登録方法を紹介します。

FXGTとは?FXGTの特徴、スプレッド(手数料)は?

FXGTは仮想通貨取引所のCryptoGTが新しくオープンした海外の取引所で、仮想通貨、法定通貨(円)を証拠金としてトレードできます。

金融取得ライセンスも取得済みで、レバレッジ500倍、そしてなんとMT5が使えます!

つまりウォレットに眠っている仮想通貨があれば、FXGTに登録し送金すれば証拠金として活用できトレードできちゃいます。

利益が出れば日本円または仮想通貨で出金可能です。

FXGTの特徴はこちら<引用:FXGTトップ画面より>

レバレッジ500倍で安心のゼロカットシステム採用です。

トレードで損失を出しても国内取引所と違い追証が無く借金の心配がありません。

少ない証拠金で大胆に取引できます。

FXGTのスプレッド(手数料)

取引所はトレーダーから手数料を得ることによって運営が成り立っています。

それが売買時に発生するスプレッド(手数料)です。

FXGTのスプレッドは正直普通・・・

下記は海外FX取引所のGemforexの初期通貨一覧画面(スプレッド記載)

ドル円(USDJPY)でスプレッド14 。

下記はFXGTの初期通貨一覧画面。USDJPY(ドル円) スプレッド21

つまり少しスプレッドは割高です。

スプレッドは市場に応じて常に変動しますが、海外FX取引所ではGemforexよりも安いスプレッドの取引所が多数あるので、FXGTのスプレッドは普通、通常レベルだと思います。

為替のスキャルピングには向いていません。

やはりFXGTの一番の特徴、強みは仮想通貨のFXが出来る!これに尽きると思います。

FXGTのおすすめポイントMT5が使える!実際の取引画面

BTCUSD、BTCJPYなど仮想通貨、為替の取引ができる取引所は他にもありますが、MT5が使える取引所は多くありません。

MT5はMetaTrader(メタ・トレーダー)の略称で、無料で使用できるトレード用のソフトウェアです。世界中のトレーダーに愛用されています。色々な機能があるので自分好みにカスタマイズ可能です。

上記はFXGTのMT5の実際の取引画面です。

証拠金として仮想通貨または法定通貨を入金しトレードできます。

仮想通貨のFXといえばBITMEXが有名ですが、仮想通貨クロス仮想通貨の取引で、MT4、5は利用できません。

1分、1秒で利益が大きく変わるFXの世界でメタトレーダーを使えるかどうかは、トレーダーの戦績を大きく左右すると思います。

自分好みのインディケーターが使えるのでトレード画面を自由にカスタマイズできます。

FXGTの登録方法、使い方

登録、取引の流れは簡単です。

公式HPより登録

スマホ、パソコンより上記リンクからマイページの情報入力ページに進みます。

氏名、メールアドレス、パスワード、国を記入し、利用規約、ロボットでない旨をクリック。

これだけで登録ができます。

FXGTから登録のメールアドレス宛に認証メールが届きますのでクリックし登録完了です。

あわせて免許証などの証明書をアップすれば取引が可能になります。

②FXGTの入金方法

マイページより入金を選択。

入金方法は仮想通貨入金、BitWallet入金、銀行振込の3つから選べます。

仮想通貨入金を選択した場合はビットコイン、イーサリアム、リップル、テザーから入金できトレードの証拠金にできます。

仮想通貨はFXGTのマイページ内の仮想通貨ウォレットeWalletに入金されます。

入金すればトレードができます!

まとめ

FXGTは仮想通貨、為替の取引ができるレバレッジ500倍、ゼロカットシステム採用の取引所です。

一番の特徴はMT5を取引で使えることです。

今なら100%入金サービスを実施中です。

初回1万円入金すれば、1万円のクレジットが付き、2万円分の証拠金で取引可能です。

<登録はこちらから>

タイトルとURLをコピーしました